2組も調理実習をしました

 7月12日(水)、2組を初めての調理実習をしました。調理室は大変蒸し暑くて、調理とはなかなか厳しいものだと実感しながらの実習でしたが、「ゆでたまごとほうれん草のおひたし」を無事完成させました。

    

調理実習をしました(1組)

 7月4日(火)、家庭科の授業で調理実習をしました。家庭科は5年生から習う教科なので、調理実習をするのは初めてです。調理室の使い方も含めての実習なので、今回は「ゆでたまごとほうれん草のおひたし」を作りました。家庭科の先生だけでなく、地域人材の先生にもお手伝いいただき、スムーズな実習になりました。

    

 

新聞を使った授業

 5年生では、新聞を題材にした授業があります。今回は、新聞が正確に、わかりやすく記事を伝えるためにどうような工夫をしているかを学ぶこと、同じ日の新聞2紙を比べて、同じ出来事を伝える記事でも、新聞社によって扱いや内容が異なることなどを知り、多様な見方について学び、柔軟な考え方をしていくことの必要性なども学習しました。

    

 

臨海学校出発

 5年生が臨海学校に出発しました。天候が心配されましたが、7時30分に集合し、出発式を行い、バスまで移動しました。バスに移動するときには、雨もあがり、皆元気に出発しました。この後、天候が回復し、思い出に残る臨海学校になることを願っています。保護者の皆さん、朝早くから準備、お見送り等ありがとうございました。なお、臨海学校中の様子は、随時ブログにアップしていきますので、ご覧ください。

   

玄関ホールの掲示

 玄関ホールに図工作品が掲示されています。これは、図工の時間に「扉の中の世界」というテーマで、それぞれが考えた作品です。2枚重ねの画用紙の1枚目を扉に見立て、その彩られた扉を開くと中にも世界が広がっているという作品で、いろいろな工夫がなされています。

 

英語の学習

 5月6日(火)、この日の英語の授業からALTの方が一緒に授業してくれています。フィリピン人のダリアさんという女性の方です。互いに自己紹介をしました。児童は、名前と自分の好きなものを伝えるという形で行いました。少し恥ずかしそうな子供が多くいましたが、今後、きちんとした発音に触れ、英語にどんどんと慣れ、意欲的に学習してくれるものと思っています。

     

学習参観・臨海学校説明会

 5月30日(火)、学習参観および臨海学校説明会がありました。学習参観は、道徳の授業で「自由」について考え、友達と意見交換をしている様子を見ていただきました。その後、21日~22日に実施される、林間学校についての説明会がありました。多くの保護者の方に参加していただきました。ありがとうございました。

    

朝の取り組み

 5月25日(木)の朝の様子を紹介します。本校では、毎週木曜日は朝読書の時間にすることを基本にしています。子どもたちは、図書室から自分の読みたい本を借り、それを静かに読んでいます。読書の効用はいろいありますが、心を落ち着け、気持ちを集中させて本を読むことが、学ぶ意欲の向上につながっていると思っています。今後も続けていきたい取り組みです。なお、2組は、臨海学習に向けての意見交換を行いました。