運動会練習③

 10月15日の1時間目の運動会練習では、騎馬の組み方とタワーの組み方の説明を受け、練習しました。練習は、安全を最優先に、1グループずつ丁寧に、組み方のポイントが説明され、補助をつけながら行いました。皆も真剣に練習に参加してくれました。

    

運動会練習②

 10月10日(水)、5.6時間目は6年生と一緒に合同演技の練習をしました。練習初めに、演技に合わせて流れる音楽を聴きながら、全体の流れをイメージする時間がとられ、皆で心を合わせる時間をとっていました。

   

社会科の授業

 10月5日(金)の5時間目は社会科の授業でした。この日は、地方での野菜作りが広がった理由として、輸送力との関係を考える授業が展開されていました。たくさん発言があって、活発な授業が行われていました。

    

 

運動会練習①

 9月27日(木)の5時間目、運動会の練習をしました。この日は、6年生との合同演技の練習をしました。組立体操の2人演技である「倒立」の練習に励まました。なかなかうまくいかない子供もおり、皆で支えたり、アドバイスしたり、応援したりしていました。

    

漢字小テスト

 9月26日(水)の国語の時間、「注文の多い料理店」で出てきた漢字の小テストがおこなわれました。担任の先生の「始め」の合図で、皆、真剣に問題に取り組んでいました。

    

絵日記

 玄関ホールや階段の踊り場の掲示板に、夏休みの絵日記が貼られています。夏休みの思い出が、絵と文章でしっかりと表現されており、楽しかった雰囲気がよく伝わってきました。

    

 

9月18日の授業から

 9月18日(火)の1時間目は学級活動で、代表委員が司会をしながら、運動会の学年種目について話し合いが行われていました。候補種目をいくつかあげ、その種目のメリットやデメリットを出し合って調整をしていました。また、4時間目は算数で、「公倍数や公約数」などを使った問題を考えていました。

    

家庭科の授業

 9月11日(水)、この日から家庭科の担当が大林先生になりました。このは「整理・整頓」について学んでいました。はじめに気持ちをほぐすために、広告等の紙で、小さな整理箱を作りました。整理箱の効用から「整理・整頓」につなげていく中で、家庭科は頭で考え、知識を増やすだけでなく、実際に体を動かし、物を作ったりすることで豊かな生活を創造する勉強だとの意味のことをお話しされていました。

    

音楽の時間

 9月7日(金)の音楽の時間は、合奏に向けた個人・パート練習をしていました。曲目は「ドラえもん」でした。秋の音楽発表会の練習だと思いますが、しっかり練習して、心を一つにして、いいものにしてくれたらと思います。今から、発表が楽しみです。

   

国語の時間

 9月6日(木)の2時間目は国語の授業でした。「資料」を使うことの意義を考える内容でした。「資料とは何か」ということを確認した上で、資料を使って、考えをまとめたり説明することについて学びました。意欲のある児童が多く、活発な授業が展開されていました。

    

作品展

 夏休みの宿題などの作品展が開かれていました。5年生になると、社会や理科の自由研究が増え、結晶・花火・惑星などについて調べたもの、書かせや東北についてのレポートなどがありました。木工作品や小物、動くおもちゃなども展示されていました。

    

     

    

関西電力出前授業

 8月30日(木)、理科の「電気」の勉強の一環として、関西電力の方に「電気のおはなし」という出前授業をしていただきました。授業では、「くらしと電気」「電気がどう使られるのか」などについて、クイズ形式を交えながら説明してくれました。授業してくれる人が、とてもテンポよく話を進め、またいろいろな模型なども見せていただき、「電気」のことについて、いろいろと考え、学ぶことができました。また、環境問題にも触れ、省エネの必要性の意識も高まったと思います。社会の一員としての自分も意識してくれたと思います。

    

一学期の思い出を紹介しました

 7月20日(金)、終業式の後、1学期の学習成果を発表しました。5年生では、臨海学校での楽しかった思いを、「551のあるとき」のリズムで全移管で、嬉しそうに発表していました。仲の良さを感じる発表でした。

    

ミラクル体験

 7月17日(火)、「ミラクルミラーステージ」の制作に精を出していました。これは、表面が鏡になった紙ボード2枚を使い、その前にいろいろな飾りを置くことでできる様子を楽しむもので、鏡に映る様子を見ながら、置く位置や置く物を工夫していました。鏡によって意外な風景が見られ、楽しそうでした。

    

着衣水泳

 7月11日(水)の水泳指導では、着衣水泳を体験しました。体操服や靴を身につけたまま水に入り、身体の自由がきかないことを体感し、より長く浮かんでいるための方法を考えました。また、ペットボトルを実際に使って、その必要性を学びました。

    

印象に残っていること

 玄関ホールや階段踊り場、教室後ろの壁などに図工作品が掲示されています。作品を眺めていても、「テーマ」は何か想像がつきませんでした。担任の先生に尋ねてみると、「印象に残っていること」だとか。なるほど、思春期にかかり始めた少年少女たちの心の内は複雑だなぁと改めて感じました。

    

  

調理実習

 7月4日(水)、初めての調理実習がありました。この日挑戦したのは、「ゆで玉子とほうれん草のおひたし」。簡単な料理ですが、初めて玉子をゆでる子、包丁を握る子どももおり、緊張感が漂っていました。

    

    

道徳

 6月29日(金)、小林先生が、5年生を対象に道徳の授業を行いました。この日のテーマは「友情」、本当の友達とはどんな友達かを考えました。自分の考えを発表し、意見交流する場面が多く見られ、真剣に取り組んでいる子どもがたくさんいました。

    

臨海学校の記録

 6月20日.21日の臨海学校では、雨で内容変更などがあったにも関わらず、児童はしっかりと活動に取り組み成果を上げてくれました。活動の様子は随時ブログでお知らせいたしましたが、掲載した写真以外にも、同行した教員から提供された分がありますので、少しアップをしておきます。子どもたちの表情を御覧ください。

    

     

    

    

     

    

出発しました

 6月20日(水)、午前7時20分、普段より早い時間でしたが、遅刻する子もなく集合完了。全員出席です。雨の中、バスに移動し、元気に出発していきました。今日は、生憎の天候で、活動に支障が出る場合もあるかとは思いますが、集団活動の通してより強い仲間になって帰ってきてくれることを願っています。

    

水泳の授業

 6月18日(月)より水泳の授業が始まりました。この日は、朝はまだ雨が残っており、少し肌寒い状況でしたが、午後には天気も回復し、気温・水温ともなんとか高くなったので、授業を行いました。初めてということもあり、最初は少し冷たさを感じていましたが、徐々に慣れ、水泳を楽しみました。

    

算数のテスト

 6月15日(金)の4時間目、算数のテストを行いました。内容は、「小数の割り算」で、テスト座席になって、取り組んでいました。真剣な顔が印象的でした。

   

社会の授業

 6月12日(火)の3時間目、社会の学習をしていました。本来はテストが行われる予定だったようですが、テスト勉強が不十分ということで延期になったようです。低地に住む人のくらしということで、「輪中」にふれたり、それを取り囲む3つの川を覚えたり、私にとっては懐かしい内容でした。その後、山地に住む人のくらしについて、どんな暮らしか想像し、それを寸劇で表そうという形で授業は進んでいきました。多くの人が、想像してものを発表していました。なかなか活気のある授業でした。

    

花が掲示されています

 玄関ホールや階段踊り場の掲示板に、図工で描いた絵が掲示されています。画用紙に、自分の手(利き手と反対側)を描き、その手に別に描いて切り取った花の絵を組み合わせて、手で花を持っているように見せかけたものです。一枚の画用紙の中に描くよりも、立体的に仕上がっています。

   

学習参観&臨海説明会

 5月29日(火)、学習参観がありました。参観していただいた授業は外国語で、みんな楽しそうに先生とのやり取りを楽しみました。多くの保護者の方にも参観いただき、教室内が活気にあふれていました。その後、6月の林間学校に関する説明会にも多数の保護者の方々に参加していただきました。

    

 

ミシン掛け

 5月23日(水)の家庭科の授業は、ミシン掛けでした。初めての児童が多く、何か恐る恐るといった感じでミシンに向かっている子もたくさんいるように感じました。この日は、担当の沖野先生だけでなく、昨年もお世話になった大林先生も手伝いに来てくれ、学びの支援員の宇江城先生も含めて3名でミシン掛けを見守りました。

    

国語の授業

 5月22日(火)の6時間目は国語でした。この日の目当ては「文の組み立てに気をつけよう」でした。「姉が楽しそうに走る弟をながめる。」という文をもとに、単語の並びや句点の打つ場所によって、文の意味や印象が変わることに着目させていました。発言する児童も多く、活発な授業でした。

     

奈良公園への遠足

 5月11日(金)、奈良公園への遠足がありました。南海電車とJRを乗り継ぎ、奈良駅へ。そこから歩いて奈良公園へ。東大寺の大仏を見る時からは、6年生との混合班での活動になりました。班員で協力しながら、地図を頼りに大仏~二月堂~若草山~春日大社と巡りました。鹿とも戯れ、外国の人にも質問しながら楽しい一日を過ごしました。

    

     

家庭科の授業

 5月2日(水)の3時間目は家庭科の授業でした。家庭科の担当は沖野先生で、この日は「ボタンつけ」を教わりました。ほとんどの児童は、「ボタンつけ」は初めてという感じで、「玉結び」も「玉留め」もゆるゆるで、針の運びもこわごわという感じでした。でも、生活をしていく中では、活用する技でもあるので、ぜひ上手になつてほしいと思いました。

   

漢字の学習

 4月23日(月)の3時間目は漢字の学習でした。漢字ドリルをし、出てきた漢字を使っての「短文」作りを行い、出来た人から先生に店に行っていました。「短文」作りでは、いろんなことに興味をもって生活している人の方が上手く「短文」を作れるように思いました。普段から、本を読んだり、いろんなことに興味を持って調べたり、体験してほしいと思います。

  

音楽の授業

 4月20日(金)の2時間目は音楽の授業でした。リコーダーの学習で、「ソのシャープ」の吹き方や音符の長さなど新しいことも学びながら練習をしていました。なお、指導は綿井先生にお願いしています。

   

体育の授業

 4月17日(火)の1時間目は、運動場での体育の授業でした。準備体操の後、鉄棒や登り棒など基礎トレーニングを行いました。

    

忘れ物はどうしてダメなの?

 4月12日(木)の3時間目は、道徳の授業でした。「忘れ物」について、考えたり、意見交流をしました。みんな、先生の話をしっかり聞き、自分の考えを友達に話したり、活発な授業風景でした。

 

授業が始まりました

 4月10日(火)の2時間目の様子を見に行きました。この日は離任式ということで、担任の稲葉先生は七小に行っており、代わりに沖野先生が指導に入っていました。子どもたちは、自分の手のスケッチを頑張っていました。