図書室へのお誘い(H30年③)

 図書室前の掲示が変わりました。季節感に溢れた掲示になっています。雨の多いこの季節、本を読むのにいい季節だと思います。大いに図書室を活用してくれたらと思います。5月23日の20分休憩は、ドッジボールが中止になったこともあり、図書室に来ている児童もいました。

    

図書室へのお誘い(H30年②)

 図書室前の掲示が5月バージョンになっています。五月は「端午の節句」があるということで、それにちなんで武者人形の兜やこいのぼり、菖蒲の花をあしらったものです。雨の日には本を読みに図書室へ行こう。もちろん、晴れてる日にも図書室へ行こう。また、図書室へ続く階段の壁には、金太郎と熊の掲示もありますよ。

  

あやめ!?

 正門入って左手の岩石園には、四季折々の風景があります。今は、「あやめ」と思われる花がいくつも咲いています。「あやめ」なのか「花しょうぶ」なのか「かきつばた」なのか、判別が難しいのですが、いろいろと調べてみると、花の特徴、葉脈のようすや生育場所から「あやめ」のようです。

   

「今日からはじまる」が掲示されています

 新年度になって、新入生はもちろん新しい学年になった児童たちは、一様に新鮮な気持ちで

 新しい生活を始めてくれています。

 その気持ちを応援するような詩「今日からはじまる 高丸もと子」が、階段踊り場に掲げら

 れています。 

    今日からはじまる  高丸もと子 

    あなたに会えてよかった

    空が青く

    大きいことも

    あなたがいて気づいた

    この光もいま届いたばかり

    一億五千万キロのかなたから

    今日からはじまる

    何かいいこと

 

    みんなに会えてよかった

    すてきなものが

    そばにあること

    みんながいて気づいた

    いまもどこかで命が生まれる

    子犬も小鳥も草の芽も

    今日からはじまる

    何かいいこと

 

    わたしに会えてよかった

    胸の鼓動も

    ときめきも

    わたしがいて気づいた

    だれも知らない音だけど

    わたしの殻をやぶる音

    今日からはじまる

    何かいいこと

 

「教室はまちがうところだ」を掲示

 玄関ホールに「教室はまちがうところだ」という詩を掲示しました。この詩は、ここ数年、入学式の「2年生の歓迎の言葉」の中で、冒頭部分が暗唱されているもので、新入生に対して「間違ってもいいから、気後れすることなく、しっかりと発言しよう」「間違った答えであっても、温かく受け止め、みんなで励ましあって、共に成長しよう」と呼びかけているものです。始業式でも、この詩にふれ、「教室は間違うところだ」に託された思いは、学校やクラスは、誰もが「安全で、安心できる」場所でないとあかん。みんなで、「嫌ごとや悪口を言わない、仲間はずれやいじめのない」クラス、学校を作っていこうという話をしました。この詩は、今から51年前に、静岡県の学校の先生であった、蒔田晋治という人が、自分のクラス通信に記したもので、70行以上にもなるものです。「一人ひとりの違いを認め合い、仲間を大切にする」学校づくりをさらに推し進めるために、「教室はまちがうところだ」の詩全文を掲示いたしました。機会があれば、見ていただけるとありがたいです。

  

図書室へのお誘い(30年度①)

 1階に図書室があります。その入り口脇に、図書室へのお誘いの掲示物あります。この掲示物は、図書ボランティアの方が作成してくれているそうで、なかなか秀逸なものです。今回は、新年度の始まり・春にふさわしく、花いっぱいで、「祝福」の文字も踊っています。みなさん、いっぱい本を読んでくださいね。

 

元気に遊んでいます

 平常授業が始まった11日(木)、20分休憩時にはたくさんの児童が運動場に出て、思い思いの遊びに興じていました。

    

  

卒業に向けて②

 玄関にも、卒業を祝福する掲示物が現れました。

    

卒業に向けて

 3月19日(月)の卒業式に向けて、校内の数か所に卒業を祝う飾りつけが始まりました。卒業への雰囲気が高まっています。

     

 

掃除の時間

 3月7日(水)も、いつも同様、給食後に掃除の時間がありました。音楽に合わせて、各持ち場を一所懸命掃除している姿が見られます。雑巾がけもしっかりできています。職員室前では、長椅子や新聞ラックを除けて、掃除をしてくれていました。毎日、ご苦労様。

    

東京オリンピックに参加しよう

 いろいろな感動を与えてくれた平昌五輪が閉幕しました。次は平昌パラリンピック、そして2020年の東京五輪です。その東京五輪のマスコットキャラクターが子どもたちの投票で決められることになっています。本校でも、社会への興味・関心を高める一環としてマスコット投票に参加しました。多くの子どもたちが社会に目を向け、自分の生き方の指標にしてくれればと思っています。職員室前にも新聞記事が掲示されています。

   

 

紅梅が咲いています

 まだまだ寒い日が続いていますが、正門から入って左側にある紅梅の花が開いていることに今朝気づきました。この週末も、また厳しい寒さになるとか、それでも春は近づいています。

  

水仙が咲いています

 春の訪れとともに咲き、ヨーロッパでは「希望」のシンボルと言われている水仙が、本校でも咲いています。開花期間が長く、もうずいぶん長く咲いています。春の訪れにはまだ少し時間があるようですが、花が開いているのを見ると心は温かくなります。

 

図書室へのお誘い②

 図書室前の掲示が変わりました。ひな祭りバージョンです。寒い日は、図書室を大いに利用しましょう。

 

 

雪と戯れる

 再び厳しい冷え込みに見舞われた2月13日(火)の朝、三小の校庭も一面雪化粧をしていました。登校した子どもたちの中には、早速校庭に出て雪と戯れる姿が見られました。寒さに負けずに走り回っている様子に、いつもながら「子どもは元気やなあ」と感心しました。

    

図書室へのお誘い

 2月に入り、明日3日(土)は節分です。図書室前などに、節分のイメージをもとにした掲示が出ています。寒い日は、図書室で本を読むのもいいと思いますよ。

  

かわいい来訪者

 1月22日(月)、「かわいいお客さん」が来校しました。産育休に入られてる小池先生と赤ちゃんです。赤ちゃんは男の子で、生後2か月余りです。赤ちゃんの顔を眺めていると穏やかな気持ちになれます。健やかな成長を願っています。

  

子ども園の園児も元気よく

 少し寒さの緩んだ18日(木)、本校の校庭で、凧揚げをする子どもの姿が見受けられました。子ども園の園児で、少しでも高く凧を上げようと、元気に走り回っていました。子どもはやはり「風の子」です。

  

 

野菜をとろう

 校内の掲示板に、「野菜をとろう」というプリントが張り出されています。健康な生活のために「1日に必要な野菜は300グラム」だとか。

特に緑黄色野菜には、βカロチンが豊富で、体内でビタミンAとして働き、のどや鼻の粘膜を保護し、細菌やウイルスから体を守るため、インフルエンザの予防にも効果があるとか。野菜をしっかり摂りましょう。

  

 

安全管理員さん、いつもありがとう

 本校には、安全管理員さんが2名います。辻本さんと大北さんです。正門に常駐し、不審者対応を含め、児童の安全に気を配ってくれています。登下校時は、正門前の横断歩道に立ち、交通事故から子どもたちを守ってくれています。いつもありがとうございます。最近、寒くなってきて身体を丸めているひとも増えています。車への注意も散漫になっているように思います。十分に気をつけてほしいと思います。

    

 

クリスマスリース

 図書館に降りる3階から2階の間の階段踊り場の飾りつけが変わりました。クリスマス前ということで、「クリスマスリース」を模した飾りつけになりました。寒い冬、暖かい図書室で読書に勤しむのもいいと思います。いっぱい本を読んでほしいな。

   

 

子どもは風の子

 随分寒いが続いています。朝の冷え込みも厳しい毎日です。ですが、朝登校した子どもの中には、元気に運動場で遊ぶ姿が見受けられます。13日の朝も、サッカーをする人、バスケットボールに興じる人、ジャングルジムに登る人などがいました。「子どもは風の子」っていう言葉は、今も健在です。

       

 

アルファベットがいっぱい

 4年生の教室前の天井に、児童が描いたアルファベットがつりさげられています。今年度から、3年生・4年生も週1時間「外国語の時間」が設定され、その中で「アルファベット」にもふれます。アルファベットを覚える一環として取り組んだものです。

  

市内防火ポスター入選作巡回展示

 11月17日までの1週間、本年度の防火ポスターの入選作の巡回展示が本校で行われています。本校からも1年生が2名選ばれています。玄関ホール横の研修室前廊下に展示しています。

     

   

ハウス型遊具

 支援学級横の「プレイルーム」に、ハウス型遊具が設置されました。これは、寄贈していただいたものです。木製で、作りもしっかりしており、内部も趣向を凝らしているものです。支援学級児童の学習活動や気分転換などで活用したいと考えています。ありがとうございました。

   

昼休みの運動場にて

 今年の秋は例年以上に雨が多く、グラウンドの状態が悪い日が続いています。10月31日は、朝から好天で、昼休みにはバスケット、バレーに興じる児童やジャングルジムで遊ぶ児童など元気な姿がたくさん見られました。

    

 

秋桜(コスモス)

 校庭の鉄棒の近くのフェンス沿いに植わっているコスモスの花が見ごろを迎えています。このコスモスは、芝生の管理をしていただいてる地域の方が、世話をしてくれているものです。毎年、きれいな花を咲かせ、心を和ませてくれています。いつもお世話ありがとうございます。

   

金木犀(キンモクセイ)

 学校便りで話題にした「金木犀」の画像をアップします。秋空の下、甘い香りが漂っています。金木犀の「金」は花の色が由来だと容易に想像つきますが、「犀」はなぜついたか分かりますか。気になって調べてみると、「犀」とは動物のサイのことで、樹皮がサイの皮に似ているからとか。いろいろと勉強になります。 

  

 

団結の旗見つけました

 3階の廊下を歩いていると、たくさんの手形が押された「旗」が掲げられていました。よく見ると手形の下にはメッセージも書かれていました。これは、3.4年生が、運動会のかける思いをそれぞれ寄せ書き風に書いて、手形も入れたもの。「ダンスをもっとうまくなりない」「みんな心を一つにしてがんばる」「笑顔で最後まで頑張る」など、運動会に全力で取り組み、その取り組みを通して、いいクラス・いい学年をつくりたいという思いが溢れる「旗」でした。この「旗」のもと、全力で頑張ってほしいと願っています。

 

星に願いを

 今日は7月7日、七夕です。あいにく曇り空で、今夜、星空が広がるかどうかは微妙ではありますが、年に一度、織姫と彦星が出逢える日なので、星空が広がることを願っています。さて、この七夕に合わせて、校内では5本の七夕飾り(1年生、2年生、たけのこ学級)が作られ、色紙でつくった飾りや願い事を書いた短冊が架かっています。短冊には、「○○になりたい」や「○○ができるようになりたい」など、将来の夢や希望が書かれており、それらが風にゆれる光景にひと時の涼を感じています。「子どもたちの願いが叶うこと」を願わずにはいられません。

      

パラパラ漫画

 玄関ホールの水槽横に、たけのこ学級の児童が作ったパラパラ漫画がおかれています。根気のいる作業だと思います。いずれも力作です、ぜひ一度、手に取ってみてください。

   

熱帯魚

 玄関ホールに水槽が設置され、皆の気持ちを和ませてくれています。水槽内では、色鮮やかなネオンテトラやグッピーが涼やかに泳いでいます。

   

グリーンカーテン

 職員室、校長室の窓にグリーンカーテンが作られています。グリーンカーテンとは、蔓性の植物を窓に沿って育てることで、日差しを遮り、少しでも暑さを和らげようとするものです。校長室の窓沿いに育っているのは、数年前に植えられたアサガオで、すでに葉を茂らせ、たくさんの花を咲かせています。また、職員室の窓沿いに植えられているのは、5月に4年生が植えたゴーヤで、まだまだ小さいものの順調に育っています。夏には立派なグリーンカーテンになることを願っています。

   

新聞読んでます

 先日、玄関ホール横のクラス連絡箱の隣に、小学生新聞の書架を設置したことをお伝えしましたが、その後、新聞を手に取り読んでもらうための長椅子を用意しました。興味を示してくれる児童も多く、熱心に紙面を読む姿が見受けられます。世の中の動きがわかりやすく説明されていたり、勉強に役立つ知識があったり、なかなかの価値がある新聞だと思います。どんどん読んでくれることを願っています。

 

ツバメが来ました

 5月中旬ごろから、校内でツバメが巣作りをはじめました。そろそろ産卵の時期を向かうているようです。校内では、過去に、巣へのいたずらがあり、ここ数年はツバメが巣作りをしなかったとか。久しぶりに帰ってきたツバメ、無事に産卵し、ひなが育つことを楽しみ、皆で見守りたいと思っています。

  

小学生新聞を読もう

 玄関ホール横のクラス連絡箱の隣に、小学生新聞を綴じた書架を設置しました。小学生新聞は、ニュースよ時事的な話題、言葉や知識をなどを、イラストや写真も用いながらわかりやすく解説してくれている新聞です。シリーズものや家庭的な話題などもあり、視野が広がります。一度、手に取ってみてください。