狭山池を知ろう

 2月23日(金)、ふるさと狭山のことを知ろうという取り組みで、狭山池のことを学習しました。講師として、狭山池まつり実行委員長の菊屋さんに来ていただきました。菊屋さんは、本校の芝生管理をはじめ地域の防犯や学校協議会のメンバーとして、日頃から大変お世話になっている方でもあります。お話では、狭山池の歴史のおさらいをし、その上で狭山池まつりの実施に向けた苦労話や「灯火輪」のこめられた思いなどを話していただきました。狭山池は大阪狭山市のシンボルです。自然環境も含めて、守り、発展してほしいものです。

    

 

外国語の授業

 2月20日(火)、外国語の授業がありました。1組では、皆で、大きな声で英語表現を復唱しながら、楽しく授業が進められていました。また英文に慣れるため、黒板に貼られたパネルを見ながら、「I study ( ア  ) on ( イ  ).」の空欄アには教科名を、空欄イには曜日を入れるゲームを楽しんでいました。

   

ジャンプアップチャレンジに向けて

 2月16日(金)に最後のジャンプアップチャレンジがあります。今まで、何度か20分休憩で行ってきたもので、クラス全員で「8の字跳び」を行い、その記録を競っているものです。2組では、明日の記録チャレンジに向けて、その練習が行われていました。

   

再び七輪を使って

 2月13日(火)、インフルエンザで休校中に2組だけが行った「七輪体験」を、1組の児童が行いました。やはり風が強い中、運動場の大階段に七輪を用意し、炭をおこし、餅を焼きました。うちわで必死であおぐもなかなか火がおこらず苦労しました。それでも、やっとおこった炭火で餅を焼き、試食しました。アツアツなかなかおいしかったです。そのあと、炭火にあたって暖をとりました。昔の人にとって、七輪は調理器具であり、暖房器具であり、貴重なものだと分かりました。でも、火をおこすのがたいへんで、ガスコンロやファンヒーターがいかに便利なものかもよくわかりました。

    

作品展

 2月8日(木)~16日(金)、学年ホールで作品展を開催しています。是非、ご覧ください。

    

    

学習発表会をリードしました

 2月8日(木)に学習発表会がありました。1~3年生の発表会であったため、全体の進行も3年生の役目になりました。初めの言葉、終わりの言葉や入退場の指示など、3年生がリードしました。合唱では、手話を交えての熱唱でした。リコーダーでは音色を合わせ、ミッキーマウス行進曲の合奏もよくまとまっていました。関西芸術座の方に講習を受けた「群読 まつり」は、しっかりと声を出し、気持ちを合わせ、最後のセリフもぴったり息が合っていました。3年生は1クラスが学級閉鎖になるなど取組時間が少ない中、よく頑張りました。

    

学習参観リハーサル実施

 2月8日(木)に行われる学習参観のリハーサルを実施しました。本番と同じ進行で行い、流れを確認しました。当日まであと2日、さらに磨きをかけて本番に臨んでくれるものと期待しています。8日は、是非、足をお運びください。

  

宇宙の絵を作ろう

 地域人材の先生にお手伝いいただきながら、学習発表会に飾る絵を作っています。題目は「宇宙」、先日お伝えしたように紺系統の色画用紙に「歯ブラシ」につけた絵具を指ではじいて、宇宙空間をイメージしたものに、別に描いたロケットや宇宙飛行士の絵を切り抜いたものを貼り付け、宇宙遊泳をしている感じを作り上げています。なかなかロマンチックな感じに仕上がっています。

    

学習参観に向けて

 2月8日(木)の学習参観に向けた練習に熱が入っています。群読や合唱など日頃の学習の成果を披露しようと、練習を重ねています。1日(木)の3時間目には、体育館で練習を行いました。地域人材の先生に合唱指導もしていただき、随分美しい声がでるようになりました。1時間目には、1~3年生の合同練習が行われました。本番まであと一週間、さらに磨きをかけてほしいと思います。

    

図工の授業

 1月29日(月)、地域人材の方に来ていただいて、作品作りをしました。歯ブラシに絡ませた絵具を、歯ブラシをはじくことで色画用紙に飛ばし、表現していく手法で行いました。偶然的な要素もあり、イメージ通りのものを作るのには苦労していましたが、意外性があり、なかなか面白い作品ができました。

    

七輪体験

 1月25日(木)、3年2組では、「昔の道具を知ろう」ということで、七輪の体験をしました。七輪は、昔の調理器具の一種で、鍋をかけて煮炊きに使ったり、金網を用いて魚や餅を焼いたりするのに使っていました。今回は、炭に火をつけ、餅を焼くということを目標に、体験しました。実際にやってみると、火をつける作業は大変で、皆で交代しながら、うちわで風を送り続けました。やっと炭火がおこり、餅を焼いて食べました。昔の人の大変さが少しだけですが分かりました。

    

    

群読出前授業

 1月24日(水)、群読の出前授業を実施しました。指導に来てくれたのは関西芸術座という劇団の方々で、しっかりと声を出すための方法を教えていただきました。授業では、はじめに身体をリラックスされるための準備運動を行い、そのあと心をリラックスさせるためのゲーム等を行いました。その上で、発声方法を教えていただきました。当初2クラスで行う予定が1クラスになりましたが、皆、積極的に授業に参加し、学習発表会に向けて練習することができました。

    

    

そろばん出前授業

 1月17日(水)、地域人材の方々のそろばん出前授業がありました。そろばんの効用はいろいろと言われていますが、3年生で実際に「そろばん教室」に通っているのは数人程度で、ほとんどの児童は初めて「そろばん」に触れました。授業は、各クラスに2名ずつの講師が入り、2時間行われました。そろばんの各部の名称の始まり、数の表し方、指使いなどの基本から簡単な計算まで、クイズ形式などを取り入れながら、楽しく丁寧に教えていただきました。子どもたちも、一生懸命に授業に参加し、「すごく熱心に聞いてくれました」というお褒めの言葉もいただきました。

    

 

お別れ会

 20日(水)、転出する生徒のお別れ会が行われました。教室にも飾りつけをし、「はないちもんめ」や「机じゃんけん」などで盛り上がりました。次の学校に、一日も早く慣れて、勉強に友達作りに頑張ってくれたらと思います。

    

バイキング給食

 12月8日(金)はバイキング給食でした。普段のバイキング給食より品数があり、デザートもついた豪華なものでした。3.4年生で交流会を持ちながら楽しく給食を摂りました。

    

    

マラソン大会

 12月6日(水)、陶器山遊歩道でマラソン大会が行われました。ずいぶん気温も低く、応援する保護者にとっては少し厳しい状況でしたが、子ども達は元気いっぱいで、それぞれの目標を目指して一生懸命の走りを見せてくれました。昨年の2倍の距離(2km)になり、ペース配分にも気を使わなければならなかったかと思いますが、最後まで歩くことなく頑張れた子が多かったように思います。途中、私も声援を送りましたが、それに応えてくれる子どももおり、気持ちのいい時間を過ごすことができました。多くの保護者の方に応援をいただきました。ありがとうございました。

    

携帯電話教室

 12月5日(火)、NTTドコモの方に来ていただき、携帯電話教室を開きました。携帯電話をめぐるトラブルについて、具体的な例を出しながらお話をしていただきました。携帯電話は、使い方を間違えなければ便利な機器ですが、それをもとにした様々な問題が起きているのも事実です。お話を聞いて、子どもたちも「その危険性」を認識してくれたみたいですが、ご家庭でも是非話題にしていただけたらと思います。

    

初めてのお店

 11月1日(金)、フレンドパークが開催されました。今までは、お客さんとして参加していたのが、今年からはお店体験もするようになりました。自分たちで決めて取り組んだ出し物・お店は、1組が「もぐらたたき」、2組が「たからさがし」でした。どちらも手作り感が満載で、一生懸命さが伝わりました。1組の「もぐらたたき」は、手袋をつけたこぶしを「もぐら」に見立て、穴の中から交互に出し入れするのを、お客さんが紙の棒でたたくというゲームでした。「もぐら」の動きが微妙で、最初は元気なのですが疲れるとだんだん動きが遅くなるなど大変そうでした。2組の「たからさがし」は、小さく破った新聞紙の山の中に、色とりどりの小さな紙製の輪っかを埋もれさせ、それを探し当てるゲームでした。新聞紙の山を散乱させながら宝を探す傍らで、担当者が散らかった新聞紙をほうきで山に戻すので、なかなか宝を見つけるのは大変でした。両店とも「こども園」の園児も楽しんでしました。いろんな分担を決め、協力して「お店」を運営することができました。

    

社会見学に行きました

 11月27日(月)に、社会科の授業の一環として、市内北小校区にある浅野歯車製作所の工場見学に行きました。浅野歯車製作所は、自動車や製作機械などに使われる歯車および歯車装置の設計・製作をしている会社で600名以上の従業員が働く市内有数の企業です。初めに、担当の方から会社概要の説明を受け、その後実際に作業されている場所の見学をしました。かなり精密度の高い製品を作っており、オートメーション化された工場内は整理整頓が徹底されており、予想以上に快適な環境でした。日本の産業を支える技術に、子どもたちも興味深く話を聞いていました。

       

学習参観ありがとうございました。

 11月18日(土)、学習参観がありました。土曜日ということもあり多くの保護者が参加していただき、英語の授業での楽しいやりとりなどをご覧いただきました。

   

書写の授業

 11月14日(火)の書写の授業は、「書道」を行いました。この日は、地域人材の先生に指導していただき、作品を仕上げました。

  

秋の遠足

 11月9日(木)、秋の遠足で関西サイクルスポーツセンターへ行きました。関西サイクルスポーツセンターは河内長野にあるので、金剛から電車・バスを乗り継いでいきました。今回の全体目標は、「みんなで元気に楽しい思い出をつくろう」で、グループ行動を中心に活動をしました。園内では、変わり自転車や遊具などで楽しむとともに、秋空のもと、皆でお弁当を広げ、思い出に残る一日になりました。

    

算数の授業

 11月7日(火)の2時間目の算数の授業は、3年生全体を3グループに分け、小人数授業の形態で実施しました。学習内容は「重さを数で表そう」で、実際に簡易天秤を使って、基準となる物体を決め、それを使って重さ比べをしました。

   

運動会開催

 10月8日(日)に、運動会が開催されました。3年生の団体演技は「英姿颯爽~心を一つに南中ソーラン」で、趣の異なる2曲に合わせ、それぞれ優雅に力強く演じることができました。また、団体競技は「おこせ!三小ハリケーン!」で、友達と協力して一生懸命がんばりました。他にも、徒競走や「みーっけ」でも頑張り、思い出に残る一日になりました。

    

 

運動会練習 

 10月3日(火)3時間目、3.4年生の団体競技「おこせ!三小ハリケーン」の動きおよび実際に競技練習を行いました。皆、本番さながらに頑張っている姿が見られました。

    

 

団結の旗、掲げる

 「心一つに あきらめないで 全力の思い出をつくろう」と大きく書かれたスローガンの周りを、全員の手形とメッセージで埋め尽くした「団結の旗」が、廊下に掲げられています。これは、3.4年生全員が、担任の思いを受け止め、それぞれの気持ちを表現し、クラスメイトの思いを互いに共有し合い、運動会を思い出深いものにしようという決意を表したものです。そして、運動会の取組みを通して、クラスの団結を強め、いいクラス・いい学年を作りたいという願いを表したものです。自分の決意が実践できるように、全力の頑張りを期待しています。

 

町たんけん~コノミヤ編~

 3年生の「総合的な学習の時間」では、「たんけんしよう!私たちの町・自然」をテーマに学習を進めています。これまでにも、校区探検はじめ市役所・図書館・公民館・消防署・狭山神社・狭山池博物館などに出向き、大阪狭山市のことについて、いろいろと学習してきました。今回は、働く人々や商品流通に焦点を当て、スーパー「コノミヤ」さんの見学をさせていただきました。見慣れた店内および普段は見ることのないバックヤードの見学と丁寧な説明で、スーパーマーケットの役割やそこで働く人々の思いを少しは理解することができました。

     

運動会のダンス練習2

 9月21日(木)の3.4時間目、この日のダンス練習は運動場で行いました。ダンスだけでなく、入場隊形も併せて練習しました。ほとんどの人はダンスを覚え、踊りに磨きをかけている状況です。

             

運動会のダンス練習

 9月12日の5時間目、運動会で披露する3・4年生のダンス練習に取り込みました。おおきな掛け声を出し、体育館狭しと動きまわっていました。なかなかの迫力でした。本番が楽しみです。

   

夏休み作品展

 夏休み作品展に力作が揃いました。三年生になると「自由研究」を提出する人も出てきました。また、ゲーム盤や工作、ミニチュアなどもかなり精巧なものになってきました。また、色使いもカラフルになりました。

       

      

     

     

     

 

社会見学(公民館・図書館)

 7月11日(火)、「地域調べ学習」の一環として、大阪狭山市立図書館と公民館に行きました。図書館では、「特設コーナー」や「話題図書の選定」などを設けるなど工夫をしていること、本の分類の仕方や見やすい配置を考えていることなど、多くの市民に本を読んでもらう工夫をしていることがよくわかりました。公民館では、市民生活が豊かになるように様々な講座が開設されていることをはじめ、公民館が果たす役割について丁寧に説明してくれました。また、プラネタリウムを鑑賞し、幻想的な星の物語も聞くことができました。

      

 

社会見学(市役所・消防署・狭山池博物館・東小・狭山神社)

 5月13日(火)、社会科の「地域調べ」の一環として、大阪狭山市役所周辺に「社会見学」に行きました。見学は、学校~金剛駅~狭山神社~市役所~消防署~東小~狭山池~狭山池博物館~学校というルートで行われました。狭山神社では、宮司の方から狭山神社の由緒等の説明を受けた後、参拝を希望する人のみ参拝の仕方を教えていただき参拝をしました。市役所では、庁内はもちろん議場内も見学させていただきました。消防署では、煙から身を守る方法など火災避難時の対応について教えていただきました。また、東小では、校長先生自らが東小の歴史についてお話ししてくれました。狭山池の堤でお弁当を食べ、少し遊んだ後、狭山池博物館を見学しました。博物館内には、狭山池の築造・改修にまつわる貴重な資料が展示していました。今回、かなりボリュームのある見学会でしたが、子どもたちは熱心にメモを取り、様々なことを学んでくれました。

             

 狭山神社で宮司さんのお話     市役所内      議長席に座りました 

         

   議員席に座りました    消防署でお話を聞く   東小で校旗の由来を聞く

      

         博物館内の展示物    みんなでお弁当

 

毛筆作品の掲示

 玄関ホールに毛筆作品が掲示されています。筆と墨で書く作業は初めてで、はじめの筆遣いにふさわしく「一」という作品を練習しました。

   

学習参観・親子交流会

 5月9日(金)、学習参観および親子交流会がありました。学習参観は、1組は社会で、校区探検で調べたことなどをもとに大阪狭山市について考える学習でした。2組は理科で、風の大きさと模型車の進み方の関係を調べました。親子交流会は、3.4年生合同で行い、「しっぽ取りゲーム」などで、交流を図りました。

    

  

CO-OPの出前授業

 6月2日(金)に、和泉生協の方が「出前授業」で来校されました。当日は、3年生の人に「豆腐作り」の授業をしていただきました。実際に、豆乳ににがりなどの凝固剤を入れ、撹拌し、温めることで「豆腐」を作り、試食しました。温めている間には、豆腐の原料である大豆にまつわるクイズが出題されるなど、楽しい時間を過ごしました。

   

書写の授業

 国語教育の一環として、書写の学習があります。美しい字や丁寧な字を書くためには、平穏な気持ちが必要です。

心を落ち着けて、呼吸を整え、姿勢を正して練習に臨んでほしいと思います。書写の指導も外部講師をお願いしています。

    

外国語の授業

 今年度から3年生でも外国語の授業が始まっています。英語に親しみ、興味を持って学習できるように様々な工夫を行いながら、児童の意欲を高めたいと思っています。英語支援担当者を外部から招いて、複数で指導しています。

     

リコーダー講習

 5月16日(火)に、今年からリコーダーを使用する3年生が、リコーダーの基本的な扱い方などについて講習を受けましたる。講習は、外部の専門家にお願いをし、持ち方にはじまり、息の入れ方や指使いなど初歩的な内容など基本的にことについて、ていねいに指導していただきました。演奏もしていただくなど、皆、楽しく参加していました。