9月30日(金)ならべて かさねて つんで!(2年生)

図工の学習です。体育館で紙コップを使った「造形遊び」の学習をしています。紙コップの素材や特性を活かしながら、並べたり、かさねたり、つんだりしていく中で、工夫やおもしろさを学びます。はじめ、一人ずつでやっていた子たちも、だんだんグループになり、倒れないように工夫してつみあげたり、どんどん紙コップを重ねていった子、ならべて自分を囲んだ子などみんなそれぞれの表し方をしています。

  

  

 

中間で、先生が「どうやったらうまくつむことができるかな?」の問いに、「風を受けないように…」(コロナ対策のために換気をしているから…)「たがいちがいにつむとうまくつめる。」…体育館全面を使ってめいっぱい造形遊びを楽しんでいました。2時間の学習をした後、体育館の鍵を返しにきた2年生の子たちに感想を聞くと、聞くやいなや「おもしろかった。」と答えてくれました。

 

9月29日(木)つくりはじめています。(6年生)

家庭科の授業です。エプロンづくりがはじまっています。今年は、保護者の方のお手伝いをしてくださらないか呼びかけをしてこの日は2人の保護者の方がエプロンづくりを手伝ってくださいました。ありがとうございます。さて、エプロンづくりですが…布をラインにそって裁つのですが、すーっと上手に切ってしまう子、はさみの方が先に動いてぎざぎざになってしまう子など様々です。でも、何人かの子にに「はさみを動かすんじゃなくて、布の方を動かすんだよ。」と言うとすぐに上手に切っている子もいました。自分なりのデザインもつけるようで完成が楽しみです。

  

9月28日(水)はじまっています。(3・4年生)

運動会の練習が今週から始まりました。今年は、昨年度と違い全学年で「団体演技」を行います。今日は、3・4年生の団体演技の様子を見に行きました。印象的だったのはとっても楽しそうに笑顔でダンスをしている子がたくさんいることでした。先生も楽しそうにダンスをしていたからでしょうか?完成バージョンを見るのがとても楽しみです。

  

 

 

9月27日(火)朝読書

火曜日の朝の会の時間は「朝読」をすることにしています。朝から教室に行くと静かに自分の席で読書をしています。読書をすることで、本を読む習慣が身についたり、長い文章を読む力を身につけてほしいと考えています。読んでいる本は学年・子どもたちによって様々ですが、その子その子にあった「読書」を進められているようです。先生も読書を一緒にしているクラスもあります。

  

読書の習慣をさらに、習慣づけるために「家読」はいかがですか?読書の秋でもあります。テレビやスマートフォン等をつかわないで静かに、ぜひご家族で「家読」おススメです。

 

9月26日(月)直角もってる…(2年生)

2年生の算数です。「長方形と正方形」の学習のまとめをしていました。子どもたちは、学習してきたことを再確認しながら学習していきます。教室の掲示物にもそんな工夫がいっぱいしてあります。

  

「ほそ長~い形の長方形」「直角もってる直角三角形」などなど…2年生の子どもたちも様々な算数用語がでてくる単元ですが、そんな算数用語も使いながら、ねばり強く学習を進めていました。難しい内容でも、あきらめずに先生にも聞いて何が何でも解こうとするところが三小の子たちのいいところです。

 

9月22日(木)もとにする量 比べられる量(4年生)

4年生の算数です。「倍の見方」について学習しています。この授業は本校の授業改善推進担当の先生が中心になって指導内容を担任と話し合い、実施されている授業です。市からも指導主事の先生が指導助言に来てくださっていました。算数の学習の中で最も子どもたちが悩む学習の一つとも言える学習の一つ5年生「割合」の学習の前段階での学習です。子どもたちは有名なアニメキャラクターや学校の校舎などの建物を基にして何倍かを考えます。

  

三小では面積図という方法を使って学習していきます。面積図は三小ではここ数年取組み子どもたちに根付きつつあります。子どもたちは面積図を用いて、難しい学習にも取り組んでいきます。この日も子どもたちは先生のアドバイスをもとにすいすい面積図を書いて、立式していきます。解けることで自信をもつことできます。たくさんの自信を積み重ねることで様々な学習にも自信をもって取り組んでほしいと思います。

 

9月20日(火)音読の極意①

今年も学校のある場所の掲示板には、読みの力を高めるために国語の授業で音読している「早口言葉」が掲示されています。

  

 本校では、音読の力を高めることを通して、語彙力を高め、読み取る力を高める取組みを行っています。

 担当の先生が 音読の極意「ハキハキ」「スラスラ」「正しく」読むべし! と子どもたちと確認しながらやっています。読み取る力を高めるためには、言葉を声に出し、発声することで、語彙を習得し、文章の意味を理解できる。早口言葉を唱えることは、正確に発音するためにはもってこいです。

 もし、学校のみなさんの中ではってある場所を知らない人はさがしてみてくださいね。

 

9月12日(月)くじらぐもにのろう(1年生)

「くじらぐも」今使用している教科書には載っていませんが、題名を聞いて「あっ!」て思う方も多いかもしれません。1年生の図工では、「くじらぐも」にのるために、自分の絵を描いています。体のしくみや顔の形、髪の毛などしっかりとらえて描くことができていました。

  

  

ちなみにあらすじは…

1年2組の子どもたちが体育をしていると、空におおきなくじらぐもがあらわれました。真っ白い雲のくじらです。雲のくじらは、子どもたちと一緒に体操を始めました。子どもたちが運動場を駆け足で回ると、くじらぐもも同じことをします。「ここにおいでよ!!」とくいらぐもは子どもたちを誘います。そこで子どもたちは、円になり手をつないで、空に向かって何回かジャンプしました。すると、いきなり風が子どもたちを空へ吹き飛ばしました。そして、あっというまに、子どもたちと先生は、くじらぐもに乗っています。くじらぐもは、青い空の中を、元気いっぱいに進みます。すると先生が「もうお昼だ」と驚くと、くじらぐもは、子どもたちと先生を地上に降ろし、また元気よく青い空に帰っていったのでした。

というお話です。さて、三小の1年1組にはどんな「くじらぐも」があらわれるのでしょうか?今から楽しみです。

9月12日(月)作品展⑥(5年生) 

お待たせしました。最後は5年生です。

  

  

来年こそは保護者の方に来ていただいて、子どもたちの頑張りを見てもらえればと思っています。

9月8日(木) 作品展⑤(1年生)

1年生の作品です。工作ばかりの紹介になります。絵はコンクール等の出品が早い時期にあります。絵の紹介はあまりありませんが、夏休みの思い出は絵にした人、そうそう今回はトンボの絵が多くありました。では紹介します。

  

  

  

  

9月7日(水) 作品展④(3年生)

今回は3年生の作品です。

  

  

  

牛乳パックで作った帽子や時計、素材もいろいろで見ていて楽しい作品ばかりです。

9月5日(月) はじめての…(5年生)

小学校では、いつもはじめてのことがいっぱいです。今回は5年生の家庭科です。はじめてミシンを使います。この日の授業では、使い方を学んで「空ぬい」をします。使い方を学習しているときから、「ちょっとこわいっ」と言っている子もいました。針をおろして、ストッパーをおろして…そろりそろりとフットコントローラーを踏んで、ゆっくりゆっくり「空ぬい」をしていました。まだ、糸を使っていませんが今月か製作をしていきます。ケガなく安全に使えるようにしっかり学んで使えるようにしていってほしいです。

  

9月5日(月) 作品展③(6年生)

6年生ともなると、絵も工作もいろいろなものを使いながら作成しています。工作キットを使ったものであっても、内容をアレンジして、自分なりのものを制作しています。紹介します。

  

  

  

実用的なもの、この後実際に使えるものを作っている人もたくさんいました。

9月2日(金) 林間学校の思い出を(5年生)

 林間学校に行ってから、早くも2か月がたちました。林間学校では、様々な経験をしてきた5年生。2日目に作った焼き板をこの日ペインティングしていました。

  

  

教室に行くと、たくさんの子どもたちから先生、「見て見て!」と見せにきてくれました。板選びの時に穴が開いたものを選んだ子は、その穴を使って動物の絵を描き、目にしてみたり、はたまた、自分の部屋の看板を作ってみたり…みんなそれぞれ楽しいものを作っていました。とても楽しそうにしていたので、私もうらやましくなりました。

9月1日(木) 作品展②(2年生)

  

  

  

今年は、工作がとても多いのとオリジナルの作品が多いのが特徴です。なので、見ていてとてもおもしろいです。保護者のみなさんの力をきっとたくさんお借りしていることだと思います。きっとうまく作れて子どもたちもとっても満足しているのではないでしょうか?ちなみにこの満足感はきっと子どもたちの自己肯定感を高めます。「わたしだって、やればできる。つくれる!こんなすごいのつくれた!」そう思えるのならとってもいいことです。それに、きっと作る時にいろいろとお話したのではないでしょうか?これも大切な経験です。作品展の作品を見ていて感じました。

9月1日(木) SDGsってなんだろう?(1年生)

 最近よく、テレビなどでもよく話題になるSDGs!2030年までに持続可能なよりよい世界をめざす国際目標です。17のゴール169のターゲットから構成され、地球上の誰一人取り残さないことを誓っています。こんな難しい話を1年生のみんなが興味津々で話をしています。

    

担任の先生が「実はみんなは、地球をまもっているんだよ」子どもたちは「えっ???」とみんなでびっくりしています。

先生が「ごみをちゃんとごみばこに捨てているでしょ。」「きれいな地球を守るために役に立っているよ。」

子どもたちから「そうか!」みんな目をキラキラさせながら授業に取り組んでいます。話の途中では、「ごみの分別」の話が子どもたちから出てきたり、リサイクルの話がでてきたり、自分の知っていることをみんなに知らせたい気持ちがいっぱいの子どもたちです。私自身も授業に引き込まれ、最後までずーっと授業に一緒に参加していました。

8月31日(水) 作品展(4年生)

 夏休みの作品展。残念ながら今年も、保護者の皆様に見に来ていただくことはできませんでした。どんな作品が出品されていたのかいくつか紹介します。

  

  

この他にも、「聖徳書道展」に出品する作品も多くありました。みんなの夏休みの頑張りがよくわかりました。

8月30日(火) はじめての…(3年生)

 2学期が始まりました。様々な学年ではじめての○○が行われています。3年生ははじめてのローマ字学習です。ローマ字学習をしてしっかり習得することで、パソコンの入力も簡単になります。「この字は英語ではa(エー)だけど、ローマ字では『あ』と読むんだよ」「空中で書いてみよう!」と一生懸命学習していました。ローマ字ををしっかり学習して、タイピングの練習をして、パソコンをもっと使いこなしてほしいものです。

  

8月8日(月) 夏休みの作品で…③

シマノ子ども絵画コンクール…8つ切でOK(小さいサイズ)

<描き方のヒント>

○人と自転車の生活風景

 →必ず、人と自転車が必要です。自転車だけを描いてもこの「人と自転車の生活風景」の部門にはエントリーできません。

 自転車を描くときのコツは「いろいろなところにワープしない!」です。サドルから描き始めたら、サドルにつながっている部分から順番に描くことがポイントです。「サドルを描いたら、ハンドルで、次タイヤで…」としちゃうと自転車の大きさがバラバラになってしまいます。

 私の描き始めのオススメは、タイヤから描くです。タイヤから描くと描く自転車の大きさがわかりやすいです。

 ちなみに、最初に「このくらいの大きさのタイヤにする!」とイメージをもって描くとなおいいと思います。

○夢の自転車

 →こちらがオススメ!みなさんのこんなのありえないだろうと思う自転車でもOK!

 「空を飛ぶ自転車」「宇宙を走る自転車」「ひと漕ぎでたくさんの距離を進む自転車」「タイヤの車輪がとっても大きい自転車」夢の自転車なのでみんなの想像を膨らませて楽しい絵を描いてくださいね。

 このコンクールは参加賞が低学年が「カラーペン」高学年が「絵の具」といい感じです。宿題は1作品以上なので、2作品目にやるのもいいかもしれませんね。気軽に描きやすいコンクールです。

8月5日(金) 暑い日が続いていますが…

  

 みなさんいかがお過ごしでしょうか?とっても暑い日が続いていますが、熱中症等気をつけて過ごしてくださいね。

 昨日、地域の方から5,6年生が育ててくれた花いっぱいのポーチュラカが「きれいにいっぱい咲いていますよ」と連絡をいただきました。

 見に行くと、地域でもこんもりたくさんの花を咲かせてくれています。学校のポーチュラカも元気いっぱい立派にこんもり咲いてくれています。

 今日は、市役所の方が運動場の遊具点検に来てくださいます。私も一緒にまわって点検します。夏休み以降いっぱい外で遊べるようにしっかり点検を一緒にしてきますね。

8月4日(木) 夏休みの作品で…②

 困ったときには、これはいかがですか?

 PL夏休みの思い出コンクール…4つ切画用紙(大きいサイズ)なら可。はり絵、白黒、絵日記はNGです。

 <描き方のヒント>

 夏休みの思い出なら、どんな作品でも可なのが、このコンクールのいいところです。

 どこかにでかけたときの様子、友だちとめいっぱい遊んだ時の様子など…いろいろと描けます。

 小さい生き物や人をいっぱい描くより、一番印象に残った生き物や人の様子など大きく描く方が描きやすいです。

 四つ切画用紙なので、絵の具をはじくパスを使って下描きするのもいいでしょう。

 みなさんの図工の時間の様子を見ていると思うのですが、絵の具で細かい所をぬる時には、細い筆を使いましょう。

 6号より数が小さい筆だとぬりやすいと思います。参考にしてみてくださいね。

 

8月2日(火) 夏休みの作品で…①

 どの学年でも、宿題に「作品を一つ作ってきましょう」や自由課題で…と宿題がでているかと思います。

おうちで「う~ん」とうなっている人はいませんか?そんなみんなに少し参考になればと思っています。

 

 貯金箱コンクール…作る時には、たて×よこ×高さがすべて25㎝以内と決まっています。注意が必要です。

 <作り方のヒント>

 ・土台になるものがあれば作りやすいです。牛乳パックやペットボトル、空き缶などかたさのあるものに飾り付けをしていくのが一番作りやすいと思います。

  特に紙粘土などを使って作る場合は、この土台のあるなしがとても重要です!

 

 

 

今までのみ~つけたはこちらから!

m3-es.osakasayama.ed.jp/index.cfm/1,0,37,242,html