5月30日 1億年を10㎝とすると(6年生)

 6年生ではいよいよ、社会の学習で歴史の学習が始まりました。1億年を10cmとみたてたすずらんテープが掲示されています。先生から「さて、人類が誕生したのは?何年前?」という発問にグループで話し合ったり、ペアで話し合ったりしながら考えていきます。「20億年前!」「15億年前!」「10億年前!」「1万年前!」など様々な答えがでてきました。

  

この後、正解は「500万年前!」と聞いてイメージがわかない様子でしたが、地球ができた50億年前からで考えると…5mあるテープのわずか0.5㎝。人類の歴史って地球の歴史から考えるとそんなものです。その長さを提示すると子どもたちからは驚きの声がいっぱいでました。そして、その中ででた質問「じゃぁ 人間が生まれる前は…」「恐竜の時代!」など子どもたちからもいろいろと考えるている様子でした。そして、日本ができたのはテープで表すと0.5mmもう表すことができません。とってもびっくりしていました。

 

5月24日 学校クイズ(児童会・代表委員会)

今週、給食の時間には、学校クイズが放送されています。企画しているのは、児童会(代表委員会)の子どもたちです。「学校の子どもたちの人数は?」とか「学校の2Fにある水道(きっと蛇口)の数は?」などの問題が出ていました。問題は3択です。給食中は黙食なので、静かに問題の答えに手をあげていました。

 

問題を放送してくれた子たちが、担当の先生から「少し放送で話すのが早かったね。」と言っていましたが、1年生の教室に行ってみるとちゃんと問題に答えていました。ちゃんと伝わっていましたよ。きっと次の放送ではもっとうまくやってくれることでしょう。楽しい企画をどうもありがとう。

5月23日 放課後学習教室(3・4年生)

今年も、月曜日の放課後に3,4年生の希望者を対象に図書室で放課後学習教室を実施しています。昨日が1回目でした。写真は3年生の写真ですが、地域の方や退職された教員の方と一緒に宿題を一生懸命やっていました。3年生にとってはこの日が初めてでしたが、静かに自分のペースで学習をすすめることができたようです。

  

 

5月20日 生命(いのち)を大切にする(6年生)

  

6年生の前に置いてあるメダカなどのすいそうです。いつ行ってもとってもきれいです。この水槽の中の生きもののお世話は6年生の子どもたちがやっています。写真では伝わりにくいのですが、水がいつも透き通るほどきれいです。こまめにお世話をしてくれている証拠です。生き物の「生命を大切にする」心があるからこそだと感じました。

 

5月19日 絵の具で表そう(2年生)

2年生の図工です。絵の具を使って、緑のある絵を描いています。まだ使い始めてそんなにたたないので、パレットいっぱいに緑の絵の具やを出して緑を表していました。点を使って緑を表す子、木の葉の部分を形どってからぬる子様々です。そして何より、一人ひとりその絵の中にお話があるようです。キャンプをしていたり、ハイキングをしていたり…

  

  

思う存分、絵の具を楽しんでいました。

5月17日 文章の構成を考えよう!(5年生)

国語の授業です。新聞を使ったり、作文を例にあげたり文章の構成について学習しています。今回は説明文。説明文では、作文の構成でいう「はじめ」「なか」「おわり」を別の言い方で言います。5年生の子どもたちは、昨年のことをしっかり覚えていたみたいで「はじめ」の部分にあたる「序論」が分かった後、たくさんの子どもたちが「なか」である「本論」、「おわり」である「結論」を答えることができました。

  

5年生の子たちはたくさん手をあげて発表することができます。手を挙げて自分の意見を発表することが安心してできることはとても大切なことです。まちがっても失敗しても安心できる集団だからできるのです。仲間の意見をしっかり聞くことができる5年生です。

5月12日 きれいにそろう

昨年度もこの時期に書いていたような気がしますが、下足室の靴箱の靴のことです。参観の直前、昼休みに撮った写真です。いつも思うのですが、三小の下足室はいつもきれいです。掃除の子たちが上手にきれいに掃除してくれているのだと思いますが、びっくりするくらいきれいです。私は担任時代靴がそろうことは、心もそろうこと。心がそろうことは、個心がきれいになることだと言い続けていました。靴を揃える習慣、これは三小の伝統の一つだと思いますが続けていってほしいですね。

  

5月12日 ひつじゅんにきをつけて(1年生)

書写の授業です。筆順に気をつけて書く学習をしています。まだまだ、鉛筆で字を書くことに慣れない子たちもたくさんいますが、自分なりせいいっぱい書いています。

  

5月11日 とんで!とんで!(6年生)

 高学年の体育の授業では、中学校から体育科の先生が来てくれて一緒に指導してくれています。今日は、新体力テスト(以前はスポーツテスト)の種目にある立ち幅跳びの測定です。みんなしっかり腕をふって立ち幅跳びを跳びます。私が行くと、いろいろと話しかけてくれる6年生。待っている間は自分たちでソフトボール投げの練習をしていましたが、少しアドバイスすると「そっかぁ」と言いながら、試していました。少しでも昨年よりいい記録が出て、成長を感じてほしいなと思っています。

  

5月11日 ○と○をあわせて10!(1年生)

算数の授業です。10になる2つの数を見つけます。1と9で10 2と8で10 3と7で10… みんな一生懸命さがしています。今日の授業ではパズルみたいに足すと10になるものを探します。10になる足し算(10の合成)は算数でならうととっても大切なポイントです。しっかり身に付けてほしいです。

  

5月9日 合わせていいの?(4年生)

算数です。「グラフを表を使って調べよう」の学習です。4年生の算数では、TTと言って担任と担任ではない先生と2人で授業を進めています。そうすることでつまずきやすい算数をより細かく一人ずつ見ていくことができます。

今日の授業でも、ただ表に数字をあてはめるだけでなくてその数字が何を表しているのか、みんなで声に出して確認していました。

   

この問題では、30人の「先週本を借りた人・借りなかった人」「今週本を借りた人・借りなかった人」を一つの表に表すものでしたが、表の右端と下の端を合わせずに「30人」と答えることができました。

 

 そして、その言い方をどのように表せばいいのかみんなで話し合うこともできました。「あっ!言い方わかった。」「あ!何を書けばいいのかわかった!」とクラスの子どもたちの顔を見ているとすぐにわかったというようないい顔をしていました。

5月9日 大阪狭山市って?(3年生)

 社会の授業です。大阪狭山市にはどんなものがあるか、白地図で学習していました。私が、見に行くことができたのが授業の最後の方だったのですが、大阪狭山市にある建物だったり、自然だったりみんな一生懸命考えていっぱい発表していました。

  

 最後の「ふりかえり」では、「市役所という建物を初めて知った。」「三津屋川って川があることがわかった。」という子がいっぱいでしたが、ある子が(たくさん大阪狭山市のことを知れて、)「大阪狭山市のことがすきになりました」と書いていました。3、4年生では社会の学習で大阪狭山市のことをたくさん学習していきます。いっぱい学習して大阪狭山市のことをどんどん好きになってほしいものです。