4月22日 昼会(生徒指導担当からの話)

昼会の続きです。

昼会では、生徒指導担当の先生から 子どもたちにいつも守ってほしいことを話しました。

  

まわりのひとをたいせつにします。じぶんもたいせつにします。

 周りの人も、自分も大切にすることでみんなが安心して過ごせる学校になります。学校では、子どもたちはうまくいくこともいかないこともたくさんあるかと思います。先生からは、今日は名前を大切にするために…という話もありましたが、うまくいかなかった時に子ども達がどう行動したらよいか考えるきっかけになってほしいと思います。

 

4月22日 昼会

今年の南第三小学校では、火曜日の朝に行っていた、全校集会(朝会)を給食・そうじ後の13:10~13:30に行うことにしました。

題して「昼会」です。また、今まで放送室で行われていたのが、研修室にて放送集会を行うことになりました。

さて、この「昼会」(全校集会)の司会は、代表委員会の子たちです。今年度、一回目の集会ということにもあり、代表委員会の緊張感もいつもとは違います。

  

さて、1回目の昼会では、校長先生から子どもたちのみんなに学校教育目標を示して、子ども達みんなにこの1年間頑張ってほしいことをお話をしてくださいました。

 

本校の学校教育目標は、

「一人ひとりが自分の成長を実感できる学校」

 ~子どもの10年後の姿を見据えて~ です。

 子どもたちが、自己肯定感や自己有用感を高められるように頑張ったことをしっかり先生も褒め、子ども達同士でも褒めあえる子どもたちになればどんな困難なことがあっても、乗り切る力にかえることができるのではと思います。

 さてさて、今回の昼会では、もう一つ大事なことが… それは昼会②を見てください。

4月22日 学校のリーダー

今週の水曜日から委員会活動が新年度なりました。5,6年生のみなさんが新しい委員会で活動しています。その中でも、水曜日の委員会活動の時間より前に動き出した委員会もあります。「代表委員会」(児童会)です。代表委員会だけは、4年生~6年生で組織されています。その代表委員会で事前に話し合いを重ね、学校の目標を考えてくれました。そして、今週給食の時間の放送や、朝会ならぬ、昼会で学校の子ども達のみんなにおしらせしてくれています。

 この日の放送でも、4~6年の代表委員会の子ども達が放送してくれました。

 

今年の児童会の目標は、

いろんなことに挑戦し、笑顔いっぱいの安心安全な学校にしよう」です。

私たち、教師もいろんなことをチャレンジする子ども達をしっかり応援していきたいと思います

4月22日 音読を聞いて(6年生)

 6年生の国語の授業です。今日は、音読のテストをしていました。子どもたちは、自分がテストを受ける前に「読むところ」と「どんなところを気をつけて読むか」を発表してから読みます。

   

さて、読んでいるとき他の子どもたちはどうしているのか言うと、それぞれがプリントに何か書き込んでいます。見て見ると、「どんなところがよかったか。」「どんな風に読むとよい」など、自分以外の全員の分のことを書いていました。「クラスの友だちが音読しているところを聞く態度」がすばらしい。さすが、6年生です。

 4月22日 みんなで考える(2年生)

2年生の算数の授業です。大きな数のたし算にチャレンジしています。私が行った時には、ちょうど7+90という問題を解いているときでした。

  

先生が、「どうやって問題をといたかペアの子とはなしあってごらん。」と声かけすると、「1の部屋には…」「10の部屋には…」「だからこうやって書いて…」など子どもたち同士で自分たちが解いた問題を確認しあってました。問題を間違えていた子どもたちも、正しい答えにどんどんなっていきました。

 

まさに、「みんなで考える」です。説明もどの子も一生懸命です。説明した顔にも満足感がたっぷりでした。